桜田夏紀のひとりごと。

だいたいアニメの話

第1回 好きなアニメベスト20

こんにちは。

 

明日で私は成人してしまいます。あーあ。

私は普段からアニメを見たら感想を書くというのをブログを書き始めてからやっています。

そう、私はそこそこなアニメ好き。

そこで、10代最後の日に今まで見てきたアニメの中からベスト20を選出したので紹介したいと思います。

 

【注意事項的なやつ】

数え間違いもあるかもですが、9月14日時点で今まで何作品見たのか集計したのですが、約220作品ほどでした。

※2期などの続編は除く

※全シリーズ全話見た作品のみカウント

※劇場アニメは除く(例:パプリカ、千年女優など)

※Web限定アニメや、アダルトアニメは除く

 

あ、それと今回はプリキュアシリーズだけは除外しています。あれはあれで別記事を書くので。

 

というわけでいってみましょう。

 

【第1回好きなアニメベスト20】

〈第20位〉BLACK LAGOON

運び屋の話。名言も多く、ハラハラする展開が多いです。かなり昔のアニメですが、色あせないですね。

 

〈第19位〉サクラクエスト

地域を活性化しようと奮闘していくストーリー。田舎ならではの温かさも感じられます。

 

〈第18位〉BANANA FISH

マフィアもので、日本人がアメリカのギャングとバナナフィッシュという薬物の正体にせまるというストーリー。日本とアメリカの環境の違いが顕著に出ている作品です。

 

〈第17位〉サクラダリセット

いろいろな能力が存在する桜田市で、過去に戻れる能力を持つ女の子と共に危機を脱出していくストーリー。

 

〈第16位〉アカメが斬る!

殺し屋が悪を制裁していくストーリー。鬱アニメとして有名ですね。

 

〈第15位〉カードキャプターさくら

元祖魔法少女もの。魔法のカードを使いながら敵と戦っていくストーリー。

 

ほえー。

 

〈第14位〉Kanon(京アニ版)

初代Key作品。様々な女の子達の問題を解決しながら「奇跡」という事象に迫っていくストーリー。

 

うぐぅ

 

〈第13位〉色づく世界の明日から

美術監督である鈴木くるみさん。めちゃくちゃ綺麗な背景です。主人公が色を取り戻していくというストーリーで、感動します。

 

〈第12位〉刀使ノ巫女

オリジナルアニメで、放送終了後から2年ほど経ちますが、今でも根強いファンが多いアニメ。王道ではありますが、ストーリーがよく練られています。

 

〈第11位〉魔法少女リリカルなのは

魔法少女ものの金字塔。正直、StrikerSまでが好きです。

 

ここまで、いろんな年代いろんなジャンルの作品がランクインしていますね。ベスト20ともなると、聖地巡礼やグッズ収集をした作品が多いですね。

 

それではベスト10

【第10位】

氷菓」制作:京都アニメーション

日常+推理をベースに様々な謎を解いたり複雑な人間関係を解消していくストーリー。

2クールの作品ですが、いくらでも見ていられると思える作品です。

 

【第9位】

AIR」制作:京都アニメーション

はい出ましたKey作品。私はKey作品が好きという話は前にもしましたね。言うまでもない名作です。OPも有名ですよね。

夏を舞台にメインヒロインである「神尾観鈴」の宿命について描かれていくストーリー。

よくKey作品は1クールでは足りないとか、2クールでもまとまりきらないなんて話がされます。しかし、このAIRは12話(1クール)でもよくまとまっています。

 

ちなみに、私は美凪ルートが好きです。

にゃはは。がお。

 

【第8位】

SHIROBAKO」制作:P.A.WORKS

最近見たアニメですね。感想記事も書きました。#19と#25で書いていますので詳しくは話さないですが、一言で言うとアニメを作るアニメです。最近見たから上位にいるというのもあるでしょうが、劇場版含めて名作なのは間違いないと思います。特にそっち方面の仕事をしようと考えている身なのでね。

 

どんどんドーナツどーんといこう!

 

【第7位】

CLANNAD」制作:京都アニメーション

クラナドは人生。で知られるKey作品の看板と言ってもいい作品でしょう。青春時代と社会人になった後のストーリー。ご存知の方も多いので多くは語らないですが、言うまでもない名作です。とにかく泣けます。また、京アニならではの演出であるテニスシーンの藤林杏の目の動きがとても印象的ですよね。

 

だんごだんご大家族

 

【第6位】

Angel Beats!」制作:P.A.WORKS

こちらはオリジナルアニメのKey作品。CLANNADに並ぶ有名な作品ですね。やんよ攻撃はやはり何回見ても泣けますね。

タイトルの意味も...ね。

 

【第5位】

リトルバスターズ!」制作:J.C.STAFF

Key作品。CLANNADよりも青春に特化したような作品。他作品よりも「他人の問題を解決していく」という色が強いですね。

そして、そんな日常の真相に震えます。

 

【第4位】

凪のあすから」制作:P.A.WORKS

 P.A.WORKS人気投票で1位をとった作品。そして私がアニメを見るようになったきっかけの作品です。海に住む人と陸に住む人を交えた恋愛ストーリー。やなぎなぎさんの曲もマッチしてるんですよね。東地和生さんの美術も綺麗です。

 

【第3位】

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

制作:京都アニメーション

戦後の主人公が愛とは何か。ということを代筆という仕事を交えて知っていくストーリー。とにかく背景が綺麗。そして泣ける。今月18日は劇場版第2弾も公開されます。

 

【第2位】

宇宙よりも遠い場所」制作:マッドハウス

よりもいで知られる名作。女子高生達が様々な理由で南極を目指しながら個人の問題も解決していくというストーリー。毎話神回とはまさしくこの作品のためにあるかのような言葉で、この作品はとにかく名言ラッシュ。よりもい名言カレンダーもデスクの上に置いてあります。

さらに、演出や楽曲も神がかっていて、これぞ神アニメといった作品。とても泣けますし、このアニメを見ると何か行動を起こさずにはいられません。

 

【第1位】

響け!ユーフォニアム

制作:京都アニメーション

最近見たアニメで、記事も書いています。

吹奏楽で全国を目指すストーリー。その中で部内での問題や個人の問題を解決していく。

このアニメはとにかく臨場感がすごく、特にコンクールの演奏中は息も吸えないような緊張感で、結果発表の時は見ているこちらまでドキドキしてしまいます。そして良い結果でも悪い結果でも頑張ってきた彼女達の背景があるので自然と涙が出てくるんですよね。

そして主人公、黄前久美子の声優である黒沢ともよさんの演技力が凄すぎてね...

さらに制作会社が京アニというのも大きく、演出面では、麗奈の髪をかきあげるシーンとか京アニらしいなって思います。あれは鳥肌立ちました。

この作品、まだ続編の制作があるそうなのでそちらにも期待です。

 

正直、1位〜4位くらいまではコロコロ変わると思います。再度よりもいを見たら1位がよりもいになると思いますし、再度ヴァイオレットを見たら1位がヴァイオレットになると思います。要するに同率1位ってとこですかね。

特に「宇宙よりも遠い場所」、「響け!ユーフォニアム」は人生変えるほどの名作だと思います。

 

制作会社に関してですが、京都アニメーションP.A.WORKSが上位に入りがちですね。というのもやっぱり背景美術がとても綺麗だということや、演出などが印象に残るということですね。

 

そしてやはり基本的にギャグアニメが入ってこないんですよね。

でもそれではもったいない。

というわけでギャグアニメベスト5も選出したのでそちらも紹介します。

 

【第5位】

「邪神ちゃんドロップキック」

主人公のクズっぷりが面白いです。

 

【第4位】

みなみけ

THE日常。南家三女の淡々としたツッコミが好きです。

 

【第3位】

苺ましまろ

色あせないギャグアニメ。女子小学生の可愛さも堪能できます。シュールなギャグがジワジワ来ます。

 

【第2位】

「女子高生の無駄づかい」

登場キャラ全員がギャグ要員。ギャグセンスがカオス。

 

【第1位】

あそびあそばせ

おなじみの狂気アニメ。アニメのOP、漫画の表紙の清楚さはまさしく詐欺。顔芸と狂気の叫びの横行。

 

よかったら見てみてください。疲れた時にはギャグアニメを見るのが1番です(゚ω゚)

 

きらら作品も全作品網羅していますが、きららは可愛いとギャグの組み合わせが基本で、やはりギャグ特化アニメには敵わないかなと思いました。

ですが、きららは聖地巡礼やサイン会、きらら展と遠征するほど好きなのでまた別記事で紹介しようかと思います。

 

第2回はまたいつか。

 

以上。

それでは。